本業と副業の違いとは何?

副業、副業と言いますが、その副業を本業にしている人もいたりして、なにを副業と呼ぶのかは人によって差がありそうです。本業と副業とは、一体なにが違うのでしょうか。
一般的には、本業と別のところから収入を得ている場合、それを副業と呼ぶことが多いでしょう。会社でAという種類の仕事をしている人が、同じAの仕事を会社を通さず受けた場合、副業になると言えます。
人によっては、外でする仕事が本業の場合、自宅でやっている別な仕事を指して副業と呼ぶ場合もあるようです。また、世間的には仕事だと思われていないようなことでも、毎月一定の額を手にしているのであれば副業と呼ぶ人もいます。ただ多くの場合、本業と副業の職種やジャンルは違っていることのほうが多いようです。自分のスキルアップのために本業と別の仕事を副業ではじめた、という例もありますので、いつかは副業でいただくお金が本業を上回ったり、思い切って仕事を変えて、副業でやっていたことを本業にするということを夢みている人もいるでしょう。

本業に支障がでると、日々の生活のバランスが崩れ、せっかくやっている副業が長続きしません。このため、副業をする上で一番重要なのは、時間をいかに有効利用するかということでしょう。お金が稼げるということは良いですが、そのぶん働かなくてはなりません。副業の種類によっては時間に追われることもあるかもしれません。
空いた時間で副業をするのではなく、これまで余暇に使っていた時間を副業に当てるのですから、自分の時間は減るでしょう。まずはその生活に慣れて、その上でどのくらい努力できるかです。

関連記事

    None Found

Recommended Reading